多機能性断熱塗材GAINA

宇宙の技術を、くらしの中へ。断熱・防音・消臭 GAINA(ガイナ)|宇宙技術を応用したGAINA(ガイナ)は、一般的な住居やマンションのほか、工場などの大規模構造物から、キャンピングカーや仮設トイレなど、さまざまな場面で利用され、さらなる展開が期待されています。

GAINA(ガイナ)って何?

宇宙開発の一環として、H-Ⅱロケットの開発に際し、打ち上げ時の熱から機体および人工衛星を守るために、ロケットの先端部(フェアリング)に塗布する断熱技術が開発されました。

この技術を応用し、民生用商品として開発・製造されたものがGAINA(ガイナ)なのです。

GAINA(ガイナ)は「熱の均衡化」で快適な住環境を実現します!

誰もが一年中快適な住まいで暮らしたいと願っていますが、夏の暑さや冬の寒さ、騒音や臭いなど、私たちはさまざまな不満を抱えながら生活しています。
ガイナは独自の新技術により、夏の暑さや冬の寒さだけではなく、騒音や臭いにも対応することができます。夏でも冬でも、昼でも夜でも、住まいの不満を解消し、快適な住環境を実現します。

セラミックを多層化する技術が「熱の均衡化」をもたらす

ガイナは、特殊セラミック層で構成されています。この特殊セラミックが、周辺温度に適応する性質があり、その結果、熱の均衡化をもたらし、熱の移動を抑える働きをします。

寒さ対策|断熱・保温

室内空気温度がいくら高くなっても、壁・天井の温度が低ければ、熱は壁・天井から逃げます。ガイナを施工すると、周辺の温度に適応し、熱の移動を最小限に抑えます。

外装に施工して放熱を抑える

熱は、高いところから低いところへ移動する性質を持っています。
ガイナを外装に施工すると、外の空気温度とガイナを塗布した表面温度が適応することによって熱の均衡化が起き、その表面で熱の移動を最小限に抑えます。この働きにより、外部からの冷気の影響を遮り、室内の熱を外へ逃がしにくくします。

内装に施工して暖房効果を高める

室内空気温度がいくら高くなっても、壁・天井の温度が低ければ、熱は壁・天井から逃げます。ガイナを内装に施工すると、室内空気温度とガイナ表面温度が適応することにより、熱の移動を最小限に抑えます。

暑さ対策|断熱・遮熱

ガイナの球体セラミックによって、太陽光に含まれる赤外線を反射します。また、ガイナ表面温度が周辺の温度に適応し、熱の移動を最小限に抑えます。

ガイナの遮熱メカニズム

ガイナの球体セラミックに侵入した太陽光に含まれる赤外線は、球体のプリズム効果により、反射と屈折を繰り返し、屋内に侵入するエネルギー量を減少させていきます(下図・左)。また、セラミックに配合した遮熱物質が太陽光に含まれる赤外線を反射します(下図・右)。

内装に施工して冷房効果を高める

室内空気温度がいくら低くなっても、壁・天井の温度が高ければ、熱は室内へ侵入します。ガイナを内装に施工すると、エアコンをつけたそのときから、エアコンの冷気温度とガイナ表面温度が適応することにより、熱の移動を最小限に抑えます。(暖房効果と同じメカニズムです。)

騒音対策|遮音・防音

ガイナの塗膜面は、大量のセラミックで隙間なく覆われているため、効率よく音を反射するだけでなく、制振効果によって音を軽減します。

ガイナの特殊セラミックで音を反射・制振

ガイナの塗膜は、硬いセラミックの中に空気を含んだ球体の多層で構成されています。音は、セラミックで反射し、空気で吸収を繰り返す構造になっています。さらに、塗膜内で多層となったセラミックの効果により、塗膜内部に侵入してきた音も、その振動を軽減することで音を小さくします。

臭い対策|空気質改善

ガイナは帯電性0.0の性質を持っており、汚濁物質が付着しにくく、さらにイオン化した水分が、浮遊している汚濁物質と結合し、汚濁物質を浮遊しにくくします。

臭いや汚濁物質の浮遊・付着を抑える

一般的に空気中を浮遊しているホコリ、チリ、花粉などの汚濁物質は、プラスの電気を帯びることで浮遊しています。また、これらの汚濁物質は、室内の壁や天井に静電付着します。ガイナは、帯電性0.0の性質を持っており、汚濁物質が付着しにくく、さらに、イオン化した水分が、浮遊している汚濁物質と結合し、浮遊しにくくします。

さらなる効果|防露・耐久・安全・不燃

ガイナはさまざまな効果を発揮します。結露の発生を抑える「防露」や建物を長寿命化する「耐久」のほか、「安全」や「不燃」の効果ももたらします。

防露|結露の原因となる熱の移動を少なくすることで、結露の発生を抑え、快適な住環境を実現。

住まいの壁や天井、窓、押入れの中など、私たちの生活のさまざまな場所で結露が発生しています。結露は、一般的に空気中の熱が窓や壁面などを通過する際に起きる現象です。熱は温度差があるとき、必ず温度の高いところから低いところへ移動する性質があるため、温度の低い、窓や壁面などに結露が発生します。
ガイナの塗膜は、周辺の温度変化に適応する特性を持っているため、ガイナを塗布した塗膜面が、室温に合わせて同じ温度に近づきます。
その結果、温度差が小さくなることで熱の移動が少なくなり、結露の発生を抑制する効果を発揮します。

耐久|ガイナの特長により、建物を長寿命化させることができます。

紫外線に対してもとも強いセラミックを多層化したガイナは、通常の塗装の2〜3倍の耐久性を持ち、さらに、断熱・遮熱性能により、建物の膨張・収縮を最小限に抑えることができます。
紫外線に対する耐久性は、紫外線吸収率で評価します。

紫外線吸収率の対比
  吸収率
超微粒子酸化チタン(日焼け止めクリーム) 87〜90%
カーボンブラック(タイヤ・電線等) 95〜97%
ガイナ 93〜95%
キセノン2000時間複合サイクル試験(ライトグレー色)
耐酸性 ワレ・ハガレ・くもり・変色なし
耐アルカリ性 同上
付着強度 耐酸性後 0.57 防食性後 0.69
近赤外線反射率 標準養生(1週間) 89.5%
キセノン複合サイクル試験2000時間後(14年相当) 87.1%

安全|水性であるガイナは安心です。内装用ガイナは、F☆☆☆☆を取得。

水性であるガイナは、有機溶剤などの危険物を使用しません。内装用ガイナは、室内空気環境の安全性の目安となる、F☆☆☆☆(フォースター)を取得しています。
また、ガイナは外装にも使用するため、F☆☆☆☆を取得することができませんが、アルデヒド類や揮発性有機化合物(VOC)に対して、F☆☆☆☆と同程度の安全性能を確保しています。

試料からのアルデヒド類および揮発性有機化合物(VOC)の放散速度分析結果(試料:内装用ガイナ)
  定量項目 放散速度(ug/m2⋅h)
アルデヒド類 ホルムアルデヒド ND
アセトアルデヒド ND
VOC トルエン ND
キシレン ND
バラジクロロベンゼン ND
エチルベンゼン ND
スチレン ND
試料からのアルデヒド類および揮発性有機化合物(VOC)の放散速度分析結果(試料:ガイナ)
  定量項目 放散速度(ug/m2⋅h)
アルデヒド類 ホルムアルデヒド <5
アセトアルデヒド ND
VOC トルエン ND
キシレン ND

不燃|ガイナは国土交通省大臣から認定を受けた不燃材料です。

不燃性能に関して政令で定める技術的水準に適合する建築材料には、不燃材料、準不燃材料、難燃材料の3ランクがあり、ガイナは、その最上位にあたる、不燃材料として国土交通大臣から認定を受けています。

商品ご案内のパンフレットをご用意いたしました。

GAINA(ガイナ)に関してより詳しい内容を記載したパンフレットをご用意いたしました。ご希望のお客様は、下記よりお気軽にお問い合わせください。

新築・リフォームのお問い合わせを承っております。ご相談だけでもお気軽にどうぞ。

仙台・宮城の木造住宅 モクゾー

  • TEL: 0229-28-3272 / お急ぎの方は… 090-1733-6693(お問い合わせ受付  9:00〜18:00)
  • メールでお問い合わせ|24時間受付中!